ヘッダー

2014年 1月

冷え性は特に女性に多い事です。最近はボディラインにぴったりとした服がはやってます。窮屈な服を着るという事はそれだけ、身体に圧迫をかけるという事。毛細血管へ血液を運ぶ妨げになります。
ゆるい衣服を着ている人。きつい服を着ている人とでは、体温の上昇の仕方が違うという事が実験でも立証されているそうです。人の身体は、その季節、温度、気候に対して体内温度を調節する機能があります。しかしクーラーや暖房の設備に頼りすぎていると、神経機能が鈍り、皮膚から脳に「冷たいや寒い」などの情報がうまく伝えられなくなります。いざという時に身体を暖める血液を送り込む命令を出す、自立神経がうまく機能しなくなります。

生理中に何か不快感があれば、それは生理痛でしょう。主に腹痛、頭痛、腰痛があげられます。

腹痛であれば鈍痛のような重い感じの痛みが多く、頭痛であれば、ズキズキとする感じで例えられている事が多いです。腰痛は重いのから、ガタガタとする感覚のものまで色々な種類があります。

吐き気や寒気、めまい、手足のしびれなどが起こる事があります。そのために脳の病気ではないかと心配になる人も多いです。稀なケースですが肩こりが起こる場合もあります。

現在、日本人の約25%が花粉症だといわれています。この花粉症とはスギやヒノキなどの花粉が原因となりくしゃみや鼻水などのアレルギーを引き起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれ、原因の花粉が飛ぶ季節にだけ症状があります。
日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。鼻の三大症状だけでなく、目の症状(かゆみ・充血・涙が止まらないなど)を伴う場合が多く、その他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。